大田区の税理士タイトル
大田区の税理士
 原会計事務所
あなたの会社を黒字体質にします!決算をお急ぎの方にも対応しています。

お客様の声



@建設会社社長様

 2年ほど前、経営者仲間の紹介で原先生に顧問をお願いすることになりました。それ以来、原先生には、公私に渡る内容の相談に乗って頂いており、本当に感謝しております。ある時は優しく悩みを受け止めて下さり、別の時は厳しく方針の誤りを的確にご指摘される原先生。先生の言葉で印象的なのが、「事業計画書が無い会社は、地図の無い航海に出る船と同じ」というフレ−ズです。

 事業を立ち上げて以来、O型気質が幸いして(笑)今考えると恐ろしい「どんぶり勘定経営」に陥っていた弊社ですが、当時は幸いに事業は上り調子。資金繰りの悩みがあまり深刻で無かったため、正直、事業計画書の重要性をそれほど感じておりませんでした。しかし、ある期に大口の取引先との契約解除が勃発、とたんに、思い出したくないあの悪夢の資金繰りが始まりました。その時に原先生に出会って、前記の言葉をいただき、開眼。 すぐに事業計画書を作成し、それをどんな時も持ち歩いて、徹底的に経営の見直しを図りました。紆余曲折の結果、事業の改善も行うことができ、新規顧客も多数獲得。苦しい時期も乗り越え、従業員のリストラも行わず、なんとか元の経営状態を取り戻し、かつ、現在はこの不景気にもかかわらず、おかげ様で順調に業績を伸ばすことができております。

 これも、原先生の指導の元、ひとえに黒字体質会社への体質改善を行った結果だと思っております。これからも末長く、弊社のご支援をお願いしたいです。

 黒字体質になりたい経営者の方にはぜひ、原先生にご相談を!




AIT会社 経理部長様

 自分は、前職は銀行に勤務しておりましたが、兄の独立を期に、7年前に経理部長として弊社の立ち上げに参加しました。弊社は、独自のソフトウェアを武器に順調に販売を伸ばしていたのですが、なんといっても経理の煩雑さに、悩まされる毎日でした。銀行に勤めていたからといっても、日々の経理の知識がある訳ではなく、同時進行している現場の原価管理をどの様に管理していけばいいんだろうと途方にくれておりました。当時お願いしていた税理士さんに聞いてみても(知人からの紹介の税理士さんで、大変偉い方との触れ込みでした)どうも改善の糸口を教えて下さらない。それどころか、「銀行に勤めてたんだから、それぐらい整理できなくてどうするんだ」と怒られる始末...。

そんな時に、原先生に出会いました。

 伺うと、原先生の事務所はスタッフさんの多くがIT会社出身とのこと。最初の打ち合わせ時から、ITの専門用語を含んだ打ち合わせもスピ−ディ−で要領を得ているといった印象。これならいけると、件の仕掛の件を相談してみたところ、原先生とその場にいらっしゃったスタッフの方が「工数管理はできていますか?プロジェクトコード管理をしましょう」とのお返事。伺うと、システム会社の仕事はどこまでやればいいという線引きが難しく、気が付いてみれば赤字だったということが多々あるので、プロジェクトごとの人件費、間接費をコードで管理していくのがとても重要とのこと。

 すぐにプロジェクト毎の原価管理を実行し、利益幅の大きなプロジェクトと低いプロジェクトまた、赤字を垂れ流しているプロジェクトの精査を始めました。

 これまで見えていなかったプロジェクト別の原価を確実に把握することで、結果、人員の配置や、販売戦略など、重要な経営判断の資料を作成することができるようになりました。今では、社長である兄に的確な助言をできるまでになり、兄弟2人3脚経営で順調に業績を伸ばしております。

 経理システムの構築に親身になって当たって下さった原会計事務所の皆さん。原会計さんに出会って無かったら、いまだにあの古臭い税理士先生の元、悶々としていたに違いありません。それどころか、このご時世、経営の危機すら招くおそれもあったのです。本当にありがとうございました。

 もはや、わが社に無くてはならない原会計事務所さん。ちょっと偏屈な兄ともども、今後ともよろしくお願いします。



B物品販売業社長様

 当社は、物品販売をフランチャイズ展開している会社です。経理総務担当として社員が2名アルバイトスタッフ1名が在籍しております。簿記の知識も少なく、どうもうまく機能していないようでしたので、原税務会計事務所さんに相談致しました。

 経理担当社員との面談を実施して頂いたところ、営業社員15名の仮払経費精算がずさんで正しい損益が反映されていない点が判明しました。改善方法として、経理担当者が簿記の知識が乏しいという点も考慮した、各営業社員によるエクセル管理をご提案頂きました。

 方法は、各営業社員に経費をエクセル管理させ、それをWEB上で社長である私が承認をすると、自動的に会計ソフトに取り込まれるというもの。これにより会計ソフトの入力時間を大幅に削減すると同時に、正しい損益を把握することが可能となりました。

 また同時に、社内で作成していた営業会議資料の作成を原会計さんにお願いすることとしました。これについては、月々の部門別の損益計算書を弊社用にカスタマイズしていただき、その結果、営業と経理が共通の認識を共有することが可能になりました。

 経理社員の1人は結婚退社しましたが、その後、補充は行っておりません。結果的に事務コストの削減をはかれて、大変助かりました。

今後もサポ−ト、おねがいします。


C電子機器制作 取締役様

 夫と息子と共に小さな電子機器の制作会社を営んでおりまして、私が経理を担当しております。この不況の時期でも、私たちの作る製品はオリジナリティが高いとのことで、細々ながら受注を頂いて、事業を続けてこれているのは大変ありがたい限りです。

 原会計事務所さんにお願いすることとなったのは、お願いしていた税理士の先生が体調が悪くされ、事務所を閉鎖されるとのことの理由でございました。

 パソコンが苦手な私は、これまで手書きで帳簿をつけていたのですが、原会計事務所のスタッフの方によると、会計入力をしようとのこと。ソフトの説明も受けたのですが、さっぱり使い方が分かりません。不安に思い、これは無理ですと申し上げたところ、エクセルで簡単に処理ができるフォ−ムというのを作成して頂きました。日付と項目を選ぶだけ。これならできそうとやってみることにしました。最初に説明をして頂いておそるおそる始めたところ、なんともこれは便利だということが分かりました。これまで、電卓で計算していた手間が無くなり、残高もすぐ分かります。原会計さんには、メ−ルでお送りすることになりました。

 パソコンが不慣れな為に、担当の方に大分、とんちんかんな質問をしてしまったかもしれません。いやな顔一つせず、ゆっくり教えていただいたスタッフの方。本当にありがとうございました。



D介護関係 理事長様

 私共はスタッフ400名余りをかかえる介護事業者でございます。経理を一手に任せていた事務長が突然病に倒れ、経理事務が突然ストップ。2週間先の支給日の給料すら計算できないという緊急事態になってしまいました。急遽、それまでお願いしていた税理士の先生にご相談したところ、経理代行はお受けいただけないとのこと。あわてて多方面に相談したところ、知人の方から、「経理のコスト削減や経理システムの構築に詳しい税理士の先生がいらっしゃる」とのことで、原会計事務所様をご紹介頂きました。

 事情をお話しましたところ、すぐに飛んでいらしていただいて、経理スタッフと夜遅くまでお打ち合わせして頂き、結果、なんとかその月の給料計算を終えることができました。また、その際に今後の給料計算について、事務の合理化を図るアドバイスもいただきました。

 それ以来、お給料計算に携わって頂き、その後、税務顧問の方もお願いできることとなりました。

 事務長一人に経理を任せていたため、いざという時に、本当に大変なことになりました。窮地をお救い頂いた原税務会計事務所さんにはとても感謝しております。経理スタッフ社員の教育に加え、アナログな私共の経理システムの改善を誠にありがとうございました。また、原会計さんに経理のアウトソ−シングをお願いしてからは、経理社員の入れ替わり時にも不安が無くなりました。

 今現在は、私個人の財産管理とのト−タルなアドバイスも頂戴でき、なんでもご相談できる存在です。

今後とも、どうぞ宜しくお願い申し上げます。




[0]大田区の税理士 原会計事務所ホームへ

Copyright c 2010hara-tax-accounting.com, All Rights Reserved.
03-3730-2966
原会計事務所