お問い合わせはコチラ

ACCベトナム事務所

コンサルティング業務

会計サポート業務

アウトソーシング業務

申告サポート業務

会社設立・登記サポート業務

サービスについて"

原会計事務所について

メディア

>すべてのメディア情報

イベント情報

>すべてのイベント情報

その他



ホーム > ミャンマー進出サービス , 会計サポート業務 > ミャンマーの月次監査・月次試算表の作成

ミャンマーの月次監査・月次試算表の作成


月次監査・月次試算表

日本とは異なるミャンマーの会計事情

 ミャンマーの会計事情は、日本企業が期待するレベルとは、かなり異なります。会計ソフトを使って、複式簿記で記帳するというミャンマー企業は、まだまだ少数派です。 多数のミャンマー企業は、手書きまたはエクセルで帳簿をつけているのが実態です。


日本と同じクオリティで帳簿をつけることの困難

 日本語が理解でき、かつ会計のスキルが高いミャンマー人スタッフを採用するのは、容易ではありません。それではと、日本人スタッフが帳簿をつけようにも、ミャンマー語で書かれた領収書や請求書を入力するのは、不可能と言ってもよいでしょう。
 日本と同じクオリティで、帳簿をつけるのは、ミャンマーでは至難の技なのです。


ミャンマー人スタッフの教育により駐在員のストレスを軽減します

 ミャンマー人経理スタッフに、キャッシュブックのつけ方や証ひょう類の管理のし方、保存方法などを指導し、日本人駐在員のストレスを軽減するのが私たちの仕事です。弊社は、ミャンマー人スタッフが入力したデータを監査し、日本人がイメージする日本式の月次資産表の作成ができるようサポートいたします。

ミャンマーの月次監査・月次試算表に関するQ&A

Q1 ミャンマーでも日本の会計ソフトが使えますか?

A1 ミャンマーで公式に販売されている日本の会計ソフトはありません。消費税の仕様など、ほとんどの国内ソフトメーカーは、国外での使用を想定していないのが実情です。


Q2 本社で「弥生会計」を使っているので、これをミャンマーでも使いたいのですが。

A2 勘定科目を英語に置き換えれば、導入は可能です。ただし弥生会計は、国外での使用を保証していないので、あくまで自己責任の範囲でという形になります。


Q3 ミャンマーで一般的に使われている会計ソフトについて教えてください。

A3 ミャンマーでは、手書きの帳簿やエクセルでの集計が主流です。会計ソフトはあまり普及していませんが、なかでもPeach Treeという会計ソフトが一般的です。


Q4 Peach Tree とはどんなソフトですか?

A4 素人でも使えるERPタイプの会計ソフトです。ただし、日本の会計ソフトに馴染んでいる人には、かなり抵抗があるかもしれません。


Q5 Peach Treeで、総勘定元帳や月次試算表も作成できますか?

できます。エクセルでの吐き出しもできますので、本社送付用の月次データ作成も可能です。


Q6 経理の知識があるミャンマー人スタッフがいません。経理の素人でも、Peach Treeに入力できますか?

A6 弊社では、素人のミャンマー人スタッフが、会計ソフトに入力できるようになるまでのトレーニングを行っています。


Q7 日本人所長は営業畑出身なので、経理の経験がありません。ミャンマー人スタッフが入力したデータの監査をお願いできますか?

A7 もちろん、できます。入力したデータがあっているかのチェックはもちろんのこと、難しい減価償却計算などの仕訳を弊社で行ってから、月次の試算表を完成させるなどのサービスも行っています。






原尚美のFacebook