お問い合わせはコチラ

会社設立、法人設立

戸沢暢美財団

稼げる社長のためのなでしこ通信

決算・確定申告・税理士顧問

融資・補助金

税理会計・業種別ポリシー

原会計事務所について

セミナー

>すべてのセミナー情報

メディア

>すべてのメディア情報

なでしこ通信

>バックナンバーリスト

その他

Feed

クラウド会計ソフトfreeeフリー

ciesf




モバイルサイト
原会計事務所モバイルサイト!



ホーム > なでしこ通信 > 中小企業者等の少額減価償却資産の特例措置の延長 8月10日号

中小企業者等の少額減価償却資産の特例措置の延長 8月10日号


☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆゜・*:.。. .☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆゜・*:.。. .☆
    

メ-ルマガジン
『稼げる社長のためのなでしこ通信』

 ~ウーマン・アカウンティング・ニュ-ス~


☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆゜・*:.。. .☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆゜・*:.。. .☆

≪ 新刊発売中です! ≫
 
  「5冊目の新刊『トコトンわかる株式会社のつくり方』」

    http://www.amazon.co.jp/dp/4405102236/
 
新星出版社発行

 ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
   ※当メールは、代表 原 尚美と名刺交換させて頂いた方、               
                                                                     
      以前より『経営情報宅配便』を受信されていた方や、                 
                                                                      
      当社ホームページよりメールマガジン登録された方へ                
                                                                      
      お送りさせていただいております。                                 
                                                                     
   ※当メールは自動配信ですので、このメールへの返信はお控えください。 
                                                                     
   ※メール配信の中止・配信先変更をご希望される方につきましては、     
                                                                    
      お手数ですが、下記のURLへアクセスをお願いいたします。           
                                                                   
   ●メールアドレスの変更・メール配信の中止                           
    → http://hara-tax-accounting.com/other/melmaga.html             
                                                                    
 ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
 

こんにちは。

女性スタッフだけの税理士事務所「原&アカウンティング・パ-トナ-ズ」のメ-ルマガジンです。

このメ-ルマガジンは、事業を大きくしたい人に毎回役立つニュ-スをお届けしております。

今回はスタッフの「小田原」が担当いたします。


<<私たちの事務所について>>



こんにちは。スタッフの「小田原」です。


連日猛暑が続いておりますが、みなさま体調は崩されていませんでしょうか?


8月に入り、事務所でも夏休みを取るスタッフが出てまいりました。


仕事モードから遊びモードに切り替えて、日頃の疲れを取り、心身ともにリフレッシュするのは大切ですよね。


会計事務所の夏は、一年の中でも比較的ゆっくりできる時間になります。


落ち着いている時間にデスク周りの整理だったり、事務所内の片づけなどをしております。


ちなみに掃除については、月1回、定期的に時間を設けて職員全員で「今月はここの掃除」と決めて取りかかります。


もちろん、この掃除以外にも毎日掃除はしています(笑)


きれいな環境で仕事をするのは気持ちもすっきりしていいですよね。


こういうところは女性ならではというところではないでしょうか!?







<<今月の「トピック」>>

== 中小企業者等の少額減価償却資産の特例措置の延長 ==

 

少額減価償却資産の特例措置というのをご存知ですか?


これは、中小企業者等が平成15年4月1日から平成24年3月31日にまでの間に


取得価額30万円未満の減価償却資産を取得した場合、その支出した金額の全額を損金算入(即時償却)することを認める制度です。


この特例により、本来であれば固定資産に計上して、利用期間にわたり減価償却すべきものが、支出時に全額損金とすることができます。


この特例が平成24年度の税改正で2年間延長され、適用期間が平成26年3月31日までとなりました。




【適用要件】

(1)この特例の対象となる法人は、青色申告法人である中小企業者又は農業協同組合等に限られます。

ここでいう中小企業者とは、資本金の額または出資金の額が1億円以下の法人のことをいいます。


ただし、資本金の額もしくは出資金の額が1億円以下の法人であっても、大法人の子会社などは除かれます。




(2)適用を受ける事業年度における少額減価償却資産の年間の合計額は300万円が上限とされています。

その年の中で複数の少額減価償却資産を購入して使用を開始した場合には、年間の合計金額が300万円までの分が対象となります。


ただし、事業年度が一年に満たない場合については、300万円を12で割って、これにその事業年度の月数を掛けた金額が上限となります。


例えばパソコンを購入した場合、30万円未満かどうかは「利用の単位」での判断になりますので、


パソコンをディスプレイと本体別々にして30万円未満かどうかを判断することはできません。


パソコン1セットで30万円未満かどうかを判断することになります。




(3)確定申告書に別途明細書を添付する必要があります。

この特例の適用を受けるためには、確定申告書を提出する際に、別途「少額減価償却資産の取得価額に関する明細書」を添付する必要があります。




(4)その他注意事項

この特例は、租税特別措置法上の特別償却、税額控除、圧縮記帳との重複適用は認められません。


また、取得価額が10万円未満の減価償却資産で、法人税法上の少額減価償却資産の取得価額の損金算入制度を受けるもの、


または一括償却資産の損金算入制度の適用を受けるものについても、この特例の適用はありません。


固定資産税(償却資産税)の課税対象となります。





☆☆この特例は、中小企業に優遇された税制になりますので、上手に活用していきましょう☆☆










<<編集後記(今月のスタッフ日記)>>

4年に一度のビッグイベント「オリンピック」が始まっていますね。


今回は時差もあるので、少々寝不足になっています。


そんな中、娘が風邪を引き、看病に明け暮れていたら、そっくりそのまま私に移ってしまい久しぶりの風邪を引いてしまいました。


やはり寝不足やこの暑さで体力が奪われているのですね。


夏風邪は治りにくく、とっても厄介。


暑いからといって冷たいものばかり食べていたり、シャワーだけというのもあまりよくないみたいですね。


ということで、野菜たっぷりスープを作ってみました。


冷蔵庫にちょこっとだけ残っている野菜ってありますよね?


そういったのを全部入れて、あとはコンソメで味付け。なんて簡単!!!


これで冷蔵庫の余り物も一掃でき、さらに野菜のおいしさを十分味わえ、体にもやさしくて一石二鳥。


そして、ゆっくりお風呂につかり、睡眠を取って身体を休めてというのが理想なんですが、なかなかそうはいかないのが主婦なんですよね・・・。


今日も家事・育児に奮闘しつつ、仕事も全力で取り組んでいきたいと思います。




Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いします。

 『税理士相談119 - 原会計事務所』では、税務会計に関する最新のお役立ち情報を配信しています。ぜひ「いいね!」をクリックしてFacebookページにご参加ください。