お問い合わせはコチラ

会社設立、法人設立

戸沢暢美財団

稼げる社長のためのなでしこ通信

決算・確定申告・税理士顧問

融資・補助金

税理会計・業種別ポリシー

原会計事務所について

セミナー

>すべてのセミナー情報

メディア

>すべてのメディア情報

なでしこ通信

>バックナンバーリスト

その他

Feed

クラウド会計ソフトfreeeフリー

ciesf




モバイルサイト
原会計事務所モバイルサイト!



ホーム > なでしこ通信 > 働く女性の敵?! 103万の壁と130万の壁を検証してみました

働く女性の敵?! 103万の壁と130万の壁を検証してみました


税金(所得税)の扶養と社会保険(健康保険・厚生年金)の扶養は
 
何が違うかご存じですか?
 
社会保険の壁が130万円で、税金の壁が103万円と
 
聞いたことがある方も多いと思います。
 
金額も要件のひとつではありますが、そもそも一般的に【扶養】と呼ばれていても
 
国税庁が所轄の所得税と、社会保険庁が所轄の健康保険・厚生年金は、
 
制度が異なりますので【扶養】の概念も当然のことながら異なります。
 
今回は税金と社会保険の【扶養】に入る条件の違いについて説明していきます。
 
 
まずは、扶養の範囲から。
 
所得税…(1)配偶者(内縁関係不可)・親族(6親等以内の血族及び3親等以内の姻族)
 
    (2)納税者と生計を一にしている
 
      ※必ずしも同居を要件とするものではありません。常に生活費、学資金
 
      療養費等の送金が行われている場合は、都合上別居していても生計を
 
      一にするものとして取り扱われます。
 
    (3)その年の12月31日現在の年齢が16歳以上である。
 
 
社会保険…(1)配偶者・直系尊属(父母・祖父母)・子・孫・弟妹
 
       ※被保険者と同居している必要はありません。
 
     (2)上記以外の3親等以内の親族(兄姉・伯叔父母、甥姪とその配偶者など)
 
       内縁関係の配偶者の父母及び子
 
       ※被保険者との同居が必要です。
 
     (3)被保険者により主として生計を維持されていること。
 
 
つぎに、収入。
 
所得税…(1)年間の合計所得金額が38万円以下であること。
 
     (給与所得でいうと。1月~12月の1年間の給与収入が103万円以下)
 
      ※所得とは収入から経費を引いた金額です。給与収入は国が定めた経費金額
 
     (給与所得控除額といいます)を差し引いて所得を計算します。
 
       給与収入が162.5万円以下は給与所得控除額が65万円と定められて
 
      いますので、103万円-65万円=38万円と計算をします。
 
 
社会保険…(1)年間収入130万円未満(60歳以上又は障害者の場合は、180万円未満)
 
       であること。
 
       ※年間収入とは、過去の収入ではなく扶養されることになった時点での年間の
 
        見込み収入額のことをいいます。
 
        給与所得の場合は月額108,333円以下なので、12カ月を乗ずると
 
        1,299,996円(約130万円)となります。
 
       ※所得税では非課税対象となる雇用保険の給付金、障害年金、遺族年金、
 
        傷病手当金、出産手当金も収入に含まれます。
 
        例)雇用保険(失業手当)の給付を受けている場合は日額.3,611円以下
 
     (2)同居の場合は、収入が被保険者の半分未満であり、別居の場合は、収入が
 
       被保険者からの仕送り額未満であること。
 
 
以上のように、税金(所得税)と社会保険(健康保険・厚生年金)での
 
【扶養】に入る条件については随分と違いがありますので注意が必要です。

Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いします。

 『税理士相談119 - 原会計事務所』では、税務会計に関する最新のお役立ち情報を配信しています。ぜひ「いいね!」をクリックしてFacebookページにご参加ください。