お問い合わせはコチラ

会社設立、法人設立

戸沢暢美財団

稼げる社長のためのなでしこ通信

決算・確定申告・税理士顧問

融資・補助金

税理会計・業種別ポリシー

原会計事務所について

セミナー

>すべてのセミナー情報

メディア

>すべてのメディア情報

なでしこ通信

>バックナンバーリスト

その他

Feed

クラウド会計ソフトfreeeフリー

ciesf




モバイルサイト
原会計事務所モバイルサイト!



ホーム > なでしこ通信 > 欠損金の繰越控除と法人税の欠損金の繰戻し還付について

欠損金の繰越控除と法人税の欠損金の繰戻し還付について


 
今回は、青色申告法人の特典の中から、実務でよく使う
 
「欠損金の繰越控除」と「法人税の欠損金の繰戻し還付」の 2 つの制度について
 
話してみたいと思います。 
 
これらの制度はどちらかを選択し適用する事ができます。
 
 
Ⅰ【1.欠損金の繰越控除制度とは・・・】
 
欠損金とは、その事業年度の所得計算において益金よりも損金のほうが多かった場合、
 
益金を超える損金部分の金額をいいます。
 
 
欠損金の繰越控除制度は、過去の事業年度において生じた欠損金を
 
翌事業年度以降に繰越し、その事業年度の利益から控除する制度です。
 
 
【2.適用対象法人】 
 
青色申告書を提出する法人
 
 
【3.欠損金の計算】
 
欠損金の控除は欠損事業年度の翌事業年度以後古い年度から順次9年間控除できます。
 
また、資本金が 1 億円超の法人については、控除額が所得の 8 割に制限されます。
 
 
【4..適用の要件】
 
次の要件をすべて満たさなければなりません。
 
(1) 青-色申告書を提出した事業年度の欠損金であること
 
(2) 欠損事業年度後、繰越控除を利用する事業年度まで継続して確定申告を提出していること
 
 
【※留意点】
 
① 帳簿書類の保存期間は、すべて9年間であること
 
② 法人税に係る更正で、欠損金に係るものの期間は、9年間であること
 
 
(注)平成16年4月1日以後に開始した事業年度の法人税に係る更正で、
 
      脱税以外の場合の過少申告に係るものの期間は、5年間です。
 
 
 
Ⅱ【.1.法人税の欠損金の繰戻し還付制度とは・・・】 
 
法人税の欠損金の繰戻し還付制度とは、前期は黒字だった法人が、
 
経営悪化などで当期赤字に陥った場合、 
 
 
前期に納税した法人税の還付を受けることができる制度です。
 
 
ただし、この制度は、①解散等の事実が生じた場合の欠損金額及び
 
②中小企業者等の各事業年度において生じた欠損金額を除き、
 
平成4年4月1日から平成28年3月31日までの間に終了する各事業年度において
 
生じた欠損金額については適用が停止されています。 
 
 
 
【2.適用対象法人】 
 
青色申告書を提出する法人
 
 
 
【3.還付金額の計算】
 
還付金額の計算は次のとおりです。 
 
 
(算式)還付所得事業年度の法人税額×(欠損事業年度の欠損金額(注)/還付所得事業年度の所得金額) 
 
(注) 法人が還付金額の計算の基礎として還付請求書に記載した金額が限度となります。
 
また、分母の金額が限度になります。 
 
 
【4.適用要件】
 
次の要件をすべて満たさなければなりません。
 
(1) 還付所得事業年度から欠損事業年度の前事業年度までの各事業年度について
 
     連続して青色申告書である確定申告書を提出していること。 
 
(2) 欠損事業年度の青色申告書である確定申告書をその提出期限までに提出していること。
 
(3) 上記(2)の確定申告書と同時に欠損金の繰戻しによる還付請求書を提出すること。 
 
 
【5.その他】
 
地方税には欠損金の繰戻し還付制度はありません。
 
法人税において欠損金の繰戻し還付を行った場合には次のようになります。 
 
①法人事業税 
 
従来通り欠損金額が繰越控除の対象となります。 
 
 
②法人住民税 
 
法人税において欠損金の繰戻しによる還付の適用を受け、
 
法人税額の還付を受けた場合は、当該還付法人税額を限度として計算した金額を、
 
その後9年間における法人住民税の法人税割の課税標準となる法人税額から控除することになります。 
 
【※留意点】
① 還付の請求を行うと、税務署長による税務調査が行うこと
 
 
 
<<私たちの事務所について>>
 
こんにちは。韓国人スタッフの權です。
 
日に日に寒さが身にしみる季節となり、
 
私は熱燗を生み出した日本文化の素晴らしさに改めて感激しています。
 
 
私たちの事務所では毎月月初、社内スタッフによる講習や、
 
外部専門家を招いて社内研修を定期的に行っています。
 
 
今年も年末調整の時期が近づいてきたので、先週は『年末調整』について社内研修を行いました。
 
 
今年の税制改正で、通勤手当の非課税限度額が引上げられているので、
 
課税済みのマイカー通勤手当を年末調整で調整する方法などを共有しました。
 
 
夫婦共稼ぎの場合で、扶養親族を夫婦で一人ずつにしているような場合や、
 
どちらかの収入が大幅に減少した場合には、どちらで控除した方がいいかなどのシミュレーションも行いました。
 
 
これから繁忙期に入りますが、女性ならではの細やかさで、税金上どちらが有利になるのか、
 
細心の注意を払ってすすめて行きたいと思います。
 
 
今月中には、クライアント様に扶養控除申告書や保険料控除申告書をお届けする予定です。
 
書き方見本も同封しますので、ご不明な点がありましたら、
 
遠慮なく弊社のスタッフにお気軽にご相談下さいませ。
 
 
 
<<編集後記(今月のスタッフ日記)>>
 
最近マイブームの歌をご紹介させて頂きます。
 
全米1位の大ヒットしているMeghan Trainor の 「All About That Bass」という曲です。
 
 
この歌では人それぞれが持っている「美」について表現しており、
 
私がジムに通うきっかけになった曲です。
 
 
なぜなら夕飯を食べたあと、この曲のPVを見ながら踊っていた時に、
 
ふと体が重くなって踊りが曲のスピードについていけなくなった自分に
 
違和感を感じ体重が増えている事に気付くきっかけとなったからです。(笑)
 
 
ダイエットが成功し体重が少し軽くなったらPVと同じようにキレのあるダンスが出来るはずです…
 
よろしければ、 もっと軽くリズミカルに踊るぽっちゃりダンサーもごらんくださいませ。
 
 
【YouTube】
Meghan Trainor‐All About That Bass
 
http://youtu.be/7PCkvCPvDXk
 
 
 
 
 

Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いします。

 『税理士相談119 - 原会計事務所』では、税務会計に関する最新のお役立ち情報を配信しています。ぜひ「いいね!」をクリックしてFacebookページにご参加ください。