お問い合わせはコチラ

会社設立、法人設立

戸沢暢美財団

稼げる社長のためのなでしこ通信

決算・確定申告・税理士顧問

融資・補助金

税理会計・業種別ポリシー

原会計事務所について

セミナー

>すべてのセミナー情報

メディア

>すべてのメディア情報

なでしこ通信

>バックナンバーリスト

その他

Feed

クラウド会計ソフトfreeeフリー

ciesf




モバイルサイト
原会計事務所モバイルサイト!



ホーム > なでしこ通信 > 海外需要獲得型企業・創業について

海外需要獲得型企業・創業について


先日は、大雪の最中、中小機構第3回創業補助金「海外需要獲得型企業・創業」の2次面接に立ち会ってまいりました。

この補助金は、1次を突破しただけではダメで、さらに担当官による面接があります。


今回の中小機構の創業補助金は第3回目。
特に海外進出型は、補助上限も700万円。渡航費やHP作成費用が含まれるなど、実際に海外での費用が見込まれる方には、ぜひ利用頂きたい補助金の1つでありました。

 

【海外需要獲得型企業・創業】の概要は下記の通りです。

①対象者 新設の会社または新たな事業を始める個人
※現在別の会社を経営されていて、別の事業を行う場合も大丈夫です


②対象事業
(1)新たなビジネスモデルにより需要や雇用を創出する事業であること
(2)認定支援機関により、事業計画の策定から実行までの支援を受けること
(3)「海外市場獲得を念頭とした事業を、日本国内において興すもの」に概ね合致するものであること
※海外事業ではありますが、本店は日本にある必要があり、海外需要を取り込んだビジネスモデルでなければなりません。

 

③対象経費
1.創業事業費
 人件費、官公庁への設立経費等、店舗賃借料等、設備費、原材料費、知財関連費、委託費、謝金、旅費など9つ
2.販路開拓費
 マーケティング費、広報費、委託費、謝金、旅費等5つ
※人件費は役員を除き、国内で雇用契約をしたもの、賃借料・設備等は国内に限る‥など、細かいしばりがあります。


④事業計画書の必要事項
1.内容
2.製品・サービスの独創性
3.市場の特性、市場規模
4.創業の動機、将来の展望
5.3年間のスケジュール
6.売上・利益等の計画
7.創業者の経験、人脈、熱意
8.価格設定、売上高、売上原価等の根拠
9.資金調達方法
など


第3回の募集は、25年12月24日に締め切られ、現在審査中です。
第4回以降が実施されるかは未定となっています。

 

この創業補助金については、ずいぶん周知されるようになったため、現在、競争は激化しており、
マーケット分析や実現可能性のしっかりした事業計画プランが審査のポイントとなっております。

 

昨年は、締切間際のお問い合わせが殺到いたしました。


この補助金は、金融機関の借り入れが可能な状態であるということが必須条件となりますので、
たとえ借入せず、自己資金による事業計画の場合であっても、金融機関の覚書が必要となります。
その取得に10日ほど必要ですので、なるべく早めに準備を行う必要があります。

 

↓ご参照ください。

海外需要獲得型企業補助金

http://www.sogyo-tokyo.jp/kaigai/

補助金早わかりガイド
http://www.sogyo-tokyo.jp/docs/hojokin_guide.pdf

 

【現在募集中の中小企業向けの公募補助金の一部は、下記の通りです】


●公募状況一覧↓
http://www.chusho.meti.go.jp/24fyHosei/140221koubojyoukyou.pdf

●中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業(ものづくり、商業・サービス)
11技術が対象、上限1000万円 応募期限 第一次・平成26年3月14日、第二次・平成26年5月14日 ↓
http://www.chuokai.or.jp/josei/25mh/koubo20140217.html


●平成25年度補正予算 パッケージ型海外展開支援事業
上限100万円 HPの外国化、代金決済システム構築に係る経費を補助 一次締切 平成26年2月28日、二次締切 平成26年3月31日↓
http://www.smrj.go.jp/keiei/kokusai/information/085313.html


●ASEAN等キャラバン事業(直近にセミナーあり。直接申し込みの締切は過ぎていますが、参加されたい方は若松までご連絡くださいませ)
対象企業 日用品、生活雑貨、建材メーカー
キャラバン事業とは、下記の出店について1年間の権利を与えられるものです。
9月シンガポール展示会
10月バンコク展示会
11月ハノイ、ホーチミン商談会
上記一連のキャラバンを1年セットで募集です。参加費は各20万円。
カタログ作成、通訳サービスあり。
※2月28日(金)ジェトロ本部でセミナーあり↓ 
http://www.jetro.go.jp/events/item/20140128676/

 


私たち、原&アカウンティング・パートナーズは、認定支援機関として、中小事業者様の補助金、助成金の獲得の支援「事業計画書サポートプラン」も行っております。
事業計画書は、弊事務所が最も得意とする分野です(^^)

 

認定支援機関のパンフレット↓
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kakushin/nintei/2012/download/1106Nintei_Kikan.pdf

 


今後も、多くの補助金、助成金が登場するかと思います。
自社が該当するかをマメにチェックして、資金調達の1つ手段として活用できるとよいですね。


一緒に実現可能な事業計画をしっかりと策定してみませんか。
どうぞご相談ください。

 

<<私たちの事務所について>>


いよいよ、確定申告シーズンに突入しました。


個人の確定申告は、申告期限が3月15日。
計算がこの時期に一気に集中しますので、連日、私たちもフルに稼働しております。


この時期は、風邪やインフルエンザは、禁物!
マスクをしてしっかり予防しているスタッフも多いです。


この季節が終わると今度は、花粉症の季節。
また、しばらくマスク生活。


なでしこ軍団のマスク解放日は、ゴールデンウィーク明けになりそうです(^^)

 

 

<<今月のスタッフ日記>>

こんにちは。スタッフの若松です。

2月の初めに、ミャンマーのヤンゴンに出張に行って来ました。
ミャンマーは、現在乾季。


10月~2月は、気温も比較的低く、カラッと過ごしやすい季節です。
昨年の渡緬時は、雨季だったので、とてもジメジメしており、同じ景観でも、ずいぶんと違うものだなあと実感いたしました。


現地オフィスも家具の搬入もなかば。
小さいながらも、壁はかわいらしいピンク。
徐々に稼働を始めております。

4月から本格的に現地に駐在し、日本の中小企業のみなさまのミャンマー進出を税務会計面から支援して参ります。


ミャンマーの税制は、まだ執行面で未成熟な部分もあり、なかなか日本の感覚と馴染めない部分があります。

↓ミャンマーサポートはこちらです。
http://hara-tax-accounting.com/jimusho/myanmar.html

 

詳しくは、また順次、ご紹介させていただきますね。


春からミャンマーでお待ちしております(^^)
若松がお届けいたしました。

 

 

 


Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いします。

 『税理士相談119 - 原会計事務所』では、税務会計に関する最新のお役立ち情報を配信しています。ぜひ「いいね!」をクリックしてFacebookページにご参加ください。