お問い合わせはコチラ

会社設立、法人設立

戸沢暢美財団

稼げる社長のためのなでしこ通信

決算・確定申告・税理士顧問

融資・補助金

税理会計・業種別ポリシー

原会計事務所について

セミナー

>すべてのセミナー情報

メディア

>すべてのメディア情報

なでしこ通信

>バックナンバーリスト

その他

Feed

クラウド会計ソフトfreeeフリー

ciesf




モバイルサイト
原会計事務所モバイルサイト!



ホーム > なでしこ通信 > 「雇用促進税制」をご存じですか? 『稼げる社長のためのなでしこ通信』

「雇用促進税制」をご存じですか? 『稼げる社長のためのなでしこ通信』


☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆゜・*:.。. .☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆゜・*:.。. .☆


メ-ルマガジン
『稼げる社長のためのなでしこ通信』

 ~ウーマン・アカウンティング・ニュ-ス~


☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆゜・*:.。. .☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆゜・*:.。. .☆

≪ 好評発売中です! ≫

  「51の質問に答えるだけですぐできる『事業計画書のつくり方』

   http://hara-tax-accounting.com/jimusho/book03.html

日本実業出版社発行

☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆゜・*:.。. .☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆゜・*:.。. .☆


こんにちは。



女性スタッフだけの税理士事務所「
原&アカウンティング・パ-トナ-ズ」のメ-ルマガジンです。


このメ-ルマガジンは、事業を大きくしたい人に毎回役立つニュ-スをお届けしております。

今回は、スタッフの「武生」が担当いたします。


<<私たちの事務所について>>
こんにちは。武生です。


確定申告の申告期限まで残りわずか。

事務所全体が一丸となり、

15日までラストスパート!でがんばっています。


そんな中、事務所の職員を癒してくれているのが、

事務所で飼っている熱帯魚です。


事務所では、尾びれの付け根に、ミッキーマウスの顔を横にしたような可愛い模様が入っている、

ミッキーマウス・プラティという熱帯魚を飼っています。


私は、入所当初から「いきものがかり」に配属され、

日々熱帯魚のお世話をしています。


このミッキーマウス・プラティ。

事務所で飼い始めて数年経ちますが、

特別なことは何もしていないのに、繁殖し続けているのです!


元々丈夫で飼育しやすい熱帯魚とのことですが、

ここまで繁殖し続けるとは、誰も想像していませんでした。


私たちの熱帯魚への愛が伝わっているからかしら。


事務所にお越しの際には、ご覧くださいませ。



<<今月の「トピック」>>

==「雇用促進税制」をご存じですか?==

平成23年4月1日より、

雇用を増やした企業に対する

税制優遇制度が設立されました。


平成23年4月1日から平成26年3月31日までの期限内に始ま

事業年度が対象となります。


制度の内容は、

「雇用促進計画」をハローワークに提出し、

1年間で5人以上(中小企業は2人以上)、かつ、

10%以上雇用保険に加入した従業員を増加させた事業主に対し、

従業員数の増加1人当たり20万円の税額控除が受けられる。

というものです。


ただし、当期の法人税額の10%(中小企業は20%)が限度となります。

また、当期の法人税額が0円の場合、

税額を引くことができませんので、

青色繰越欠損金が残っている場合などは、

優遇制度を使っても繰越欠損金が増えませんので御注意下さい。


制度を受けることのできる対象者は、

1.青色申告書を提出している事業主であること

2.適用年度とその前事業年度に、事業主都合による離職者がいないこと

3.風俗営業等を営む事業主ではないこと

です。


「雇用促進計画」は、

優遇を受けたい事業年度の開始後2ヶ月以内に

ハローワークに提出する必要がございます。


詳しい内容につきましては、

ハローワークで教えていただけますし、

顧問の社労士さんがいらっしゃる場合には、

社労士さんにご相談ください。


4月に向けて、新入社員の募集を行ったり、

既に採用が決まっている事業主の方も多いことと思いますので、

ぜひご検討してみてはいかがでしょうか。


<<編集後記(今月のスタッフ日記)>>
先日、知人の家族とスケートに行きました。

知人には7歳と4歳のお子さんがおり、

2人ともスケートは生まれて初めてとのこと。


お兄ちゃんは、誰を頼ることなく、

何度もこけながら自力で滑り方を覚え、

最初はぎこちなかったけれど、

帰る頃には、初めてとは思えないぐらい滑れるようになりました。


問題は弟くん。

まず、靴を履きたくないとだだをこねる。

1人では滑れないと泣きだし、

一緒に滑ってあげるも、私を頼り切って自ら滑ろうとしない。

困ったもんだと思いつつ、しばらく一緒に滑っていました。


ところが、、、

ある瞬間から、自ら滑ろうとがんばるようになったのです!

しかも、帰る間際には、1人でリンクに向かい、

手すりをつかみながらではありますが、1人で滑ったのです!!


子どもの上達の早さを改めて感じるとともに、

二日目の筋肉痛で、自らの衰えを感じた一日でした(笑)


それにしても、子どものやる気スイッチって、

どこで入るかわからないものですね。


Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いします。

 『税理士相談119 - 原会計事務所』では、税務会計に関する最新のお役立ち情報を配信しています。ぜひ「いいね!」をクリックしてFacebookページにご参加ください。