お問い合わせはコチラ

会社設立、法人設立

戸沢暢美財団

稼げる社長のためのなでしこ通信

決算・確定申告・税理士顧問

融資・補助金

税理会計・業種別ポリシー

原会計事務所について

セミナー

>すべてのセミナー情報

メディア

>すべてのメディア情報

なでしこ通信

>バックナンバーリスト

その他

Feed

クラウド会計ソフトfreeeフリー

ciesf




モバイルサイト
原会計事務所モバイルサイト!



ホーム > なでしこ通信 > 「交際費等の損金不算入制度」をご存じですか?『稼げる社長のためのなでしこ通信』

「交際費等の損金不算入制度」をご存じですか?『稼げる社長のためのなでしこ通信』


☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆゜・*:.。. .☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆゜・*:.。. .☆


メ-ルマガジン
『稼げる社長のためのなでしこ通信』

 ~ウーマン・アカウンティング・ニュ-ス~


☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆゜・*:.。. .☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆゜・*:.。. .☆

≪ 好評発売中です! ≫

  「51の質問に答えるだけですぐできる『事業計画書のつくり方』」

   http://hara-tax-accounting.com/jimusho/book03.html

日本実業出版社発行

☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆゜・*:.。. .☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆゜・*:.。. .☆


こんにちは。

女性スタッフだけの税理士事務所「原&アカウンティング・パ-トナ-ズ」のメ-ルマガジンです。

このメ-ルマガジンは、事業を大きくしたい人に毎回役立つニュ-スをお届けしております。

今回はスタッフの「猿田」が担当いたします。


<<私たちの事務所について>>

こんにちは。猿田です。

皆様、今年のゴールデンウィークはいかがでしたでしょうか?

今年は暦通りにお休みの方は、3連休&4連休ということで、

遠出や旅行がいろいろできる連休でしたが、お休みを満喫されましたでしょうか?

事務所のメンバ-も、国内・海外、いろいろなところへそれぞれ行ってきたようで、

中には、こんがり日焼けした人もいます☆

お土産のお菓子が配られ始めると、どこからともなく歓声(?)が聞こえるのは

女性ばかりの事務所だからでしょうか?

しばらくは、机の上に各地のお土産のお菓子がたくさん並んでいました♪

そのお菓子と、コ-ヒ-ミルで挽いた豆でドリップしたコ-ヒ-で

ちょっとブレイク♪♪

と、こんな感じで、今週は連休明けということもあり、

休み気分が少しだけ抜けきれていない感じもしますが(私だけでしょうか?笑)

皆、ゴ-ルデンウィ-クでリフレッシュでき、新たな気持ちで仕事に取り組んでおります。


<<今月の「トピック」>>

平成24年度の税制改正により、交際費等の損金不算入制度について、

その適用期限が平成26年3月31日まで2年間延長されました。

また、これに伴い、中小法人に係る損金算入の特例の適用期限も

平成26年3月31日まで2年間延長されました。


== 交際費等の損金不算入制度とは? ==


平成26年3月31日までに開始する各事業年度において支出する交際費等の額は、

その全額が損金不算入となります。

損金不算入とは、税額を計算する際に、ある経費(ここでいう交際費等)が

費用(損金)として認められずに、課税の対象になることをいいます。

つまり、交際費は、会計上は費用となりますが、

法人税の計算の際には、原則として費用とならないことになります。


☆ただし、資本金1億円以下の中小法人の場合には、

支出した交際費のうち年間600万円までの金額の90%が損金に算入され、

それを超える部分は損金不算入となります。

これが

== 中小法人に係る損金算入の特例 ==

です。

例えば、交際費が100万円の場合は、その90%である90万円は損金算入となり、

残りの10万円は損金不算入となります。

もし、交際費700万円を支出した場合、

600万円×90%=540万円は損金算入となり、

600万円×10%=60万円と600万円を超えた100万円の合計160万円は

損金不算入となります。



☆ 交際費=経費と考えがちですが、税法上は「原則」経費とならないことに、

  ぜひご留意ください。



<<編集後記(今月のスタッフ日記)>>

先日のゴールデンウィークにオーストラリアのメルボルンへ行ってきました。

南半球なので季節は真逆!とは言っても、春から初夏へと向かっている日本と、

夏から秋になりつつあるメルボルン。そこまで気候差はないのでは...

と予想して行きましたが......

見事に予想ははずれ、とても寒かったです(;_;)

さて、メルボルンに限らずオーストラリアはワインの産地でもあり、

ワイナリーもたくさんあります。

そのワインを楽しむのも今回の私の楽しみの1つで(*^.^*)

ワイナリーで美味しいワインと美味しい食事のマリアージュを堪能してきました♪

時間の流れをゆっく~り感じるような、日常とは違った時間を過ごすことで、

リフレッシュできました!!!

新たな気持ちでまた仕事に取り組んでいきたいと思います!!


 


Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いします。

 『税理士相談119 - 原会計事務所』では、税務会計に関する最新のお役立ち情報を配信しています。ぜひ「いいね!」をクリックしてFacebookページにご参加ください。