お問い合わせはコチラ

会社設立、法人設立

戸沢暢美財団

稼げる社長のためのなでしこ通信

決算・確定申告・税理士顧問

融資・補助金

税理会計・業種別ポリシー

原会計事務所について

セミナー

>すべてのセミナー情報

メディア

>すべてのメディア情報

なでしこ通信

>バックナンバーリスト

その他

Feed

クラウド会計ソフトfreeeフリー

ciesf




モバイルサイト
原会計事務所モバイルサイト!



ホーム > なでしこ通信 > 「贈与税の非課税措置」をご存じですか?『稼げる社長のためのなでしこ通信』

「贈与税の非課税措置」をご存じですか?『稼げる社長のためのなでしこ通信』


☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆゜・*:.。. .☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆゜・*:.。. .☆
    

メ-ルマガジン
『稼げる社長のためのなでしこ通信』

 ~ウーマン・アカウンティング・ニュ-ス~


☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆゜・*:.。. .☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆゜・*:.。. .☆

≪ 好評発売中です! ≫
  
  「51の質問に答えるだけですぐできる『事業計画書のつくり方』」
 
   http://hara-tax-accounting.com/jimusho/book03.html
 
日本実業出版社発行

☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆゜・*:.。. .☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆゜・*:.。. .☆
 

こんにちは。

女性スタッフだけの税理士事務所「原&アカウンティング・パ-トナ-ズ」のメ-ルマガジンです。

このメ-ルマガジンは、事業を大きくしたい人に毎回役立つニュ-スをお届けしております。

今回はスタッフの「品川」が担当いたします。


<<私たちの事務所について>>
 こんにちは。品川です。

確定申告が終わりホッとできたのもつかの間。

私達の事務所では「繁忙期」

といわれる5月も終盤にさしかかってきました。

3月決算の会社様が多いので、5月はとても忙しいのです。

特に今週は忙しさのピークを迎えたスタッフが沢山いたのでは...!?

私は備品の管理も業務の一つとしておりまして、

先日2ケース注文しておいたコピー用紙が一週間ともたず

なくなってしまったのを見てとてもびっくり!!!!

普段は2ケースあれば2週間近くはもつのです。

あわてて追加注文。

無事紙をきらせずにすんで一安心と思いきや、

今度は申告書をはさむファイルが足りなくなってしまって。。。

そんなところから新人の私は「繁忙期」を感じた今日この頃です。

5月も残すところあとわずか。

原会計事務所の5月は無事終われるのでしょうか☆



<<今月の「トピック」>>
 昨年の東日本大震災の影響を受け

耐震・免震構造の住宅への関心が高まっています。

1月に発表された「社会保障と税の一体改革」では、

社会保障財源の確保のための消費税の引き上げについて

閣議報告されたこともあり、

消費税が引き上げられる前に住宅の補強や購入を

と考えられる方沢山いらっしゃるのではないでしょうか。

消費税の課税は引き渡し基準(買い主と売り主の間で精算が終わり、

所有権が買い主にうつった日)という事もあり、

契約した日は増税前でも引き渡しが増税後となると、

増税後の消費税率で精算が行われます。

特に契約から引き渡しに時間がかかる新築物件をお考えの方は、

中々のんびり考えている時間がないかもしれません。

さらには金利の動向や物件の価格を考慮しなければならず、

住宅の購入のタイミングを見極めるのは本当に難しいですね。

 今回は、住宅取得時にあったら嬉しい!頭金の準備に役立つ

「直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税措置」

についてご紹介させていただきます。


=======贈与税の非課税措置=======
 贈与税とは、個人が個人から110万円(基礎控除額)を

超える財産を贈与によってもらったときに課税される税金です。

そのうち一定金額について、「贈与税が非課税」

となることを非課税措置といいます。

「直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税措置」とは

父母や祖父母などの直系尊属から、住宅取得等資金の贈与を受けた場合、

基礎控除と別枠で、贈与税が非課税となる制度です。

こちらが平成24年度の税制改正により

非課税限度額に改正があり、

適用期限も平成26年12月31日まで3年延長となりました!


非課税限度額は次の通りです。

 1.省エネルギー性及び耐震性の向上に資する良質な住宅の取得等の場合
  (良質な住宅とは耐震性住宅等級2級以上、省エネ住宅等級4などのいずれかを満たしたもの)

  ・住宅取得資金の贈与を受けた年が平成24年中  1,500万円まで非課税
  
  ・住宅取得資金の贈与を受けた年が平成25年中  1,200万円まで非課税
  
  ・住宅取得資金の贈与を受けた年が平成26年中  1,000万円まで非課税
    
       
 2.上記1.以外の住宅の取得等の場合

  ・住宅取得資金の贈与を受けた年が平成24年中  1,000万円まで非課税
  
  ・住宅取得資金の贈与を受けた年が平成25年中  700万円まで非課税
  
  ・住宅取得資金の贈与を受けた年が平成26年中  500万円まで非課税
    
     
今年中ですと最大で1,500万円まで非課税になるのですね!

適用されるには、住宅の床面積の制限や他細かな制限がございますが、

頭金をご両親に援助してもらうご予定のある方など

住宅購入の一つのタイミングになるかもしれませんね。

   

<<編集後記(今月のスタッフ日記)>>
5月はGW、母の日、金環日食もありましたね☆

お出かけされた方が多いのではないでしょうか。

私は母の日に横浜でランチクルーズを初体験しました。

週末の天気が優れない日が続いていたせいか、

「明日は晴れらしい。」

という情報を入手しクルーズプレゼントを思いつきました。

久しぶりの太陽を満喫したかったのでしょうね。

当日はすばらしい晴天で、デッキでは昼寝しているカップルや、

日傘を差しながら会話を楽しんでいるママ達等でいっぱいでした。

船から見る横浜の景色はとてもきれいでした。

遮るものもなく、目線が同じだからでしょうか。

自分が景色の一部になったような心地よい感じでした。

高いところから見る景色とはまた違うよさがあるように感じました。

札幌から横浜へ引越してきてもうすぐ3年になりますが、

初めて横浜らしいことをしたような気がします。

ディナークルーズも行ってみたいですね。


Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いします。

 『税理士相談119 - 原会計事務所』では、税務会計に関する最新のお役立ち情報を配信しています。ぜひ「いいね!」をクリックしてFacebookページにご参加ください。