お問い合わせはコチラ

会社設立、法人設立

戸沢暢美財団

稼げる社長のためのなでしこ通信

決算・確定申告・税理士顧問

融資・補助金

税理会計・業種別ポリシー

原会計事務所について

セミナー

>すべてのセミナー情報

メディア

>すべてのメディア情報

なでしこ通信

>バックナンバーリスト

その他

Feed

クラウド会計ソフトfreeeフリー

ciesf




モバイルサイト
原会計事務所モバイルサイト!



ホーム > なでしこ通信 > 税金を取りもどせる?! ~欠損金の組戻し還付~

税金を取りもどせる?! ~欠損金の組戻し還付~


今月は法人の法人税の取り戻し方法のお話です。
 
前期黒字で納税し、当期赤字の場合、前期の税金の一部が還付される制度があります。
 
これを【欠損金の繰戻還付】といいます。
 
この制度を受けるためには一定の要件を満たす必要がありますが、
 
青色申告適用の多く中小企業は対象になるかと思います。
 
その前に、皆さん、「欠損金の繰越控除」は馴染み深いかと思います。
 
念の為簡単に補足しますと、赤字を将来へ10年(※9年)繰越すことができ、
 
将来の黒字の事業年度にその赤字を相殺し税金を抑える事ができる制度です。
 
※繰越期間はいつ発生の赤字(欠損)かにより変動します。※
 
つまりいわば、「欠損金の繰越控除」は将来の税金対策です。
 
今回の【欠損金の組戻還付】は過去+現在の税金(キャッシュフロー)対策です。
 
以下簡易的な還付計算額です。
 
例1)前期納税100万円 今期赤字50万円   →50万円還付
 
例2)前期納税100万円 今期赤字150万円 →100万円還付+50万円は将来へ繰越
 
注)この規定適用を受けた金額は将来へ繰り越すことはできません。
また、前述したとおり、前期の納税分にのみ適用可能です。
 
 
詳しくは、国税庁の下記HPをご参照ください。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/hojin/5763.htm
 
ただし、無理やり赤字を作ると税務調査で。。。
 

Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いします。

 『税理士相談119 - 原会計事務所』では、税務会計に関する最新のお役立ち情報を配信しています。ぜひ「いいね!」をクリックしてFacebookページにご参加ください。