お問い合わせはコチラ

会社設立、法人設立

戸沢暢美財団

稼げる社長のためのなでしこ通信

決算・確定申告・税理士顧問

融資・補助金

税理会計・業種別ポリシー

原会計事務所について

セミナー

>すべてのセミナー情報

メディア

>すべてのメディア情報

なでしこ通信

>バックナンバーリスト

その他

Feed

クラウド会計ソフトfreeeフリー

ciesf




モバイルサイト
原会計事務所モバイルサイト!



ホーム > 融資・補助金 > 補助金・創業補助金のサポート(認定支援機関)

補助金・創業補助金のサポート(認定支援機関)


創業補助金作成サポート こんな悩みはありませんか?

認定支援機関としての原&アカウンティング・パートナーズ

 原&アカウンティング・パートナーズ(原会計事務所)は、経済産業省から認定をうけた「認定支援機関」として、皆さまの補助金申請をサポートしています。

 事業計画書は、作成する目的によって、書き方や切り口を変えなければなりません。とくに補助金の申請にあたっては、こうあったらいいなという夢物語は許されません。具体的な見積などリアルな裏付けに基づいた現実的な事業計画書の作成が求められます。また補助金の審査官に読んでもらうための切り口や、あなたの計画が補助金の意図に沿ったものであることをアピールするための見せ方も大切です。

 補助金申請にあたっては、事業計画書の作成に絶対的な実績を誇る弊事務所にお任せください。

所長の原尚美が、創業融資・補助金と事業計画書の本を書いています。

『51の質問に答えるだけですぐできる 「事業計画書」のつくり方』『小さな起業のファイナンス』『 創業融資と補助金を引き出す本』

 補助金の獲得に必要な知識、事業計画書を簡単につくるためのポイントを所長の原尚美が著書としてまとめています。慣れない人でもすぐに事業計画書が作れるためのノウハウ、お金で悩まないためのファイナンスの知識が分かる本です。

→『「事業計画書」のつくり方』著書の詳細はコチラ
→『小さな起業のファイナンス』著書の詳細はコチラ
→『 創業融資と補助金を引き出す本』著書の詳細はコチラ



補助金手続きの流れ

補助金手続きの流れの図

補助金サポートの料金


補助金サポート通常料金(顧問契約とセットの場合)
時期
内容
金額
備考
補助金申請時 事業計画策定サポート料
100,000円
 
補助金交付申請時 交付申請書作成料
25,000円
 
補助金対象期間終了時 事業完了報告書作成料
25,000円
 
補助金請求時 補助金交付請求書作成料
25,000円
 
フォローアップ
補助金終了後〜5年間
状況報告書作成料
25,000円
各年度毎
5年間で125,000円(25,000円×5年)
※全て消費税別
補助金サポートスポット料金(スポットでのご依頼)

時期
内容
金額
備考
補助金申請時 事業計画策定サポート料
300,000円
 
補助金交付申請時 交付申請書作成料
75,000円
 
補助金対象期間終了時 事業完了報告書作成料
75,000円
 
補助金請求時 補助金交付請求書作成料
75,000円
 
フォローアップ
補助金終了後〜5年間
状況報告書作成料
75,000円
各年度毎
5年間で375,000円(75,000円×5年)
※全て消費税別

補助金に関するQ&A


Q1 補助金とは何ですか?

A1 補助金とは、国や地方公共団体が、ある一定の政策的な意図を持って、支給する返済不要の資金」のことをいいます。


Q2 補助金は誰でも受けることができるのですか?

A2 はい。企業だけでなくNPOや個人、自治体なども要件さえ満たせば交付をうけることができます。


Q3 普通の人が要件を満たすのは大変ですか?

A3 政府が補助金を支給する目的は、ある特定の事業を支援することで、その事業の拡大を後押しし、国の政策目標を達成することです。その補助金の目的にあった事業に取り組む人なら、誰でも対象になります。


Q4 自分にあった補助金はどこで見つけることができますか?

A4 中小企業庁が運営している「ミラサポ」というサイトで検索すると最新の情報が手に入ります。

 ⇒ミラサポ https://www.mirasapo.jp/subsidy/


Q5 補助金と融資の違いを教えてください。

A5 補助金は、融資とちがって返済の必要がありません。


Q6 補助金と助成金の違いを教えてください。

A6 助成金とは「雇用を促進するために、国が人件費や開業費の一部を負担してくれる制度」をいい、主に厚生労働省の管轄です。補助金とちがって、助成金は、条件さえ満たせば、会社の規模や業績に関係なく誰でも受けられます。


Q7 補助金は、要件を満たしていても、受けられない場合があるのですか??

A2 はい、あります。補助金には予算があるので、応募した会社の数が多ければ、その中から選別が行われます。補助金には、「審査」という過程があり、審査に合格してはじめて給付を受けることができます。


Q8 補助金を申請する方法を教えてください。

A8 経営革新等支援機関と一緒に、事業計画を作成し、事業を行う地域の事務局に申請書を提出します。書類審査の結果、「採択」または「不採択」が通知されます。書類審査のあとに面接が行われる場合もあります。地域事務局は、中小企業庁のHPで探せます。

 ⇒中小企業庁 http://www.smrj.go.jp/utility/offer/075939.html
 ⇒中小企業庁創業補助金の募集ページ
 http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sogyo/2015/150302Sogyo.htm


Q9 経営革新等支援機関とは何ですか?

A9 「経営革新等支援機関」とは、税理士や公認会計士・中小企業診断士・金融機関など専門家の中から、国から中小企業の身近な相談窓口と認定された会社や個人のことです。国から認定された機関なので、「経営革新等支援機関」のことを、「認定支援機関」ともいいます。もちろん弊事務所も、認定支援機関として皆様のサポートをしております。


Q10 認定支援機関は、どうやって見つければよいのですか?

A10 中小企業庁や経済産業庁のHPで、地域の認定支援機関を見つけることができます。

 ⇒中小企業庁 http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kakushin/nintei/kikan.htm
 ⇒経済産業省 http://www.kanto.meti.go.jp/seisaku/chusho/nintei_shienkikan.html  


Q11 採択された場合の、次のステップを教えてください。

A11 採択とは、申請された事業計画が補助事業として認定されたということです。この段階では、まだ申請書に記載した経費や補助金の額が承認されたわけではありません。採択の通知を受け取ったら、あらためて事業計画の内容を精査し、対象となる「経費」を洗い出して、地域事務局に「交付申請」を行います。交付申請書に記載した「補助金交付希望額」が、受け取れる補助金の上限となります。


Q12 交付申請をしたら、すぐに補助金がもらえるのですか?

A12 いいえ。補助金はあくまで後払いです。会社が使った領収書が補助事業の条件を満たしているかどうかを審査したあとに、お金が振り込まれます。


Q13 Q12の審査はどのように行われるのですか?

A13 補助金にかかる事業が終了または、補助期間が満了したら、30日以内に事業報告書を提出します。実際に補助金が支払われるのは、完了報告書を提出してから、2~3ヵ月後になります。


Q14 もらった補助金の会計処理を教えてください

A14 補助金は、損益計算書の「営業外収益」の部に計上し、会社の収益として認識されます。


Q15 補助金に税金はかかりますか?

A15 収益として認識されるのですから、法人税の課税対象となります。






原尚美のFacebook


Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いします。

 『税理士相談119 - 原会計事務所』では、税務会計に関する最新のお役立ち情報を配信しています。ぜひ「いいね!」をクリックしてFacebookページにご参加ください。