[TACNEWS]コドモの貧困を考える

資格の学校TAC(タック)が発行する情報誌「TACNEWS」にて、連載中でございます!

「南の国のナデシコ税理士 成功へのキセキ」という、税理士原尚美の体験談を

軽いタッチでお届けして参ります。

 

第15回は、「コドモの貧困を考える」です。

もう何年も、一日一食しか食べていない。

給食のない夏休みは、お腹が空いても、食べるものがない。

現代の日本の話です。コドモの貧困は、想像をはるかに超えています。

家庭支援のNPO法人と出会い、普通に暮らしているだけでは気づかなかったこと綴っております。どうぞ、ご一読下さいませ。

『TACNEWS 2016年1月号抜粋』

 


南の国のナデシコ税理士(15)1月号.pdf

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる