付加年金で年金額を上乗せできます!

付加年金という制度をご存じですか?

付加年金とは保険料に毎月付加保険料400円をプラスして納めることで
受給する年金額を上乗せできる制度です。

加入できる方は限られますが、ちょっとお得な制度なのでご紹介させていただきます。

<加入できる方>
①国民年金第1号被保険者 (20歳以上60歳未満)
②任意加入被保険者(ただし65歳以上の方は除きます)

第2号被保険者(厚生年金加入者)や第2号被保険者に扶養されている
第3号被保険者は加入することはできません。
国民年金基金の加入者も加入できません。
また、さかのぼって加入することはできません。

<付加年金額>
受け取れる付加年金額は「200円×付加保険料納付月額」で計算します。

●試算例
20歳~60歳までの40年間(40年×12か月=480月)付加保険料を納めていた場合、
付加年金額は次の様になります。

『200円×480月(40年)= 96,000円 (年額)』
この96,000円が付加年金として老齢基礎年金に上乗せされます。

一方、納めた保険料は『400円×480月=192,000円』です。

「192,000円(納めた保険料)÷96,000円(受け取る付加年金額)=2」
「2年間で元がとれる計算」となるのです。

2年間年金を受け取ると元がとれるのは、ちょっとお得ではないですか!
ただし、もしも2年間受け取る前に亡くなってしまった場合には、元本割れとなってしまいます。

<申請>
申請は、お住まいの市区町村役所で行います。
事務所のある東京都大田区では、区役所国民年金係に年金手帳を持参して手続きを行います。
市区町村によって身分証明書や印鑑などが必要な場合もありますので、
お住まいの区市町村役所にご確認ください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる