株式保有比率99%で上場!?プロ向けの株式市場「TOKYO PRO Market」

起業された方の目標は人それぞれだと思いますが、その目標の一つに株式上場がある方もいらっしゃいます。

自分の作った会社を社会的に認められるようにしたい、上場させることで長期にわたって続いていく企業にしたい、

上場した株式を売却することで大金を得たい…などなど様々な理由から上場を目指されます。

実際に上場を行った際のメリットはどのようなものになるのでしょうか。

上場のメリットは以下のようなものです。

・信用力、知名度の向上
・組織力UP
・従業員の士気向上
・資金調達

・信用力や知名度の向上⇒営業面で取引先として選ばれやすくなることや採用面で優秀な人材を確保しやすくなります。

・組織力の向上⇒コーポレートガバナンスや内部管理体制の構築により、意思決定プロセスの明確化や相互チェック・相互牽制が行えます。

・従業員の士気向上⇒上場企業で働いていることに誇りを感じ、会社全体の生産性の向上につながります。

・資金調達⇒自社株を売却することで株式市場から多額の資金を直接調達することが可能です。

一方で上場によるデメリットも存在し、

・情報開示が必要
・上場コストがかかる
・外部株主の意見を取り入れなければならない
・外部株主がいることにより、短期的な業績を追求する必要がある

などが挙げられます。

4半期の情報開示の負担や外部株主の存在により経営の自由度が低下します。

一般に上場には上記のメリットやデメリットがございますが、

TOKYO PRO Marketではこれらのメリットを享受しつつ、デメリットを軽減することが可能です。

TOKYO PRO Marketについてはこちらご覧ください。
東京証券取引所が運営する新しい株式市場「TOKYO PRO Market」とは?
https://www.jpx.co.jp/equities/products/tpm/outline/tvdivq0000007pqu-att/TokyoProMarket_gaiyo.pdf

TOKYO PRO Market特有のメリットとして
・株主数や利益額、時価総額等の数値的な基準(形式基準)が無い
・上場に必要な監査期間が1年(一般市場では2年)
・公式アドバイザー制度がある(J-Adviser)

一方で特有のデメリットとして
・プロ投資家だけしか株式を購入できないため、取引の成立に時間がかかる。

オーナーシップを維持しながら上場を行うことが可能で、TOKYO PRO Marketからさらに一般市場にステップアップしていくことも可能です。

以上から一般市場の上場よりも取り組みやすいため、上場メリットを享受したい会社様は

一度ご検討いただくのがよろしいのではないでしょうか。

弊法人には上場支援を経験した会計士も在籍しておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる