締め切りもうすぐ!事業復活支援金!!

皆さん、【事業復活支援金】はご存じでしょうか。。昨年2021年11月からスタートしている制度です。既に申請が完了し、入金されている方も多いのではないでしょうか。申請期限が2022年5月31日となっておりますので、該当する方は忘れないうちに申請しましょう!

改めてどういった制度なのか詳しくご説明いたします!!

 
【給付対象】
下記①と②を満たす「中小法人・個人事業者」が給付対象となります。

 ①新型コロナウイルス感染症の影響を受けた事業者
 
 ②2021年11月~2022年3月のいずれかの月(対象月)の売上高が、2018年11月~2021年3月の間の任意の同じ月(基準月)の売上高と比較して50%以上または30%以上50%未満減少した事業者

【給付額】
給付額の算定式は下記の通りです。

 基準期間の売上高 ― 対象月の売上高×5か月分

 基準期間は、下記のいずれかの期間となります。
 ・2018年11月~2019年3月
 ・2019年11月~2020年3月
 ・2020年11月~2021年3月

具体的に数字を当てはめて計算してみましょう!!
ケーススタディ:港区のA社(人材派遣業)

 新型コロナウイルス感染症の影響を受け、人材派遣の需要が大幅に減少した。 

 対象月:2021年12月売上:800万円
 基準月:2019年12月売上:1,200万円

 ▲400万円減少となり、減少率33.3%→30%以上50%未満に該当します!

 給付額を算出してみましょう!

 ・基準期間である2019年11月~2020年3月の売上高は5,200万円です。
 ・対象月の売上高800万円なのでかける5か月で4,500万円です。
  その差額を算出します。

   5,200万円 ―  4,500万円 = 700万円

  差額700万円と算出されましたが、それがまるまる給付されるわけではありません。給付金には上限が設けられており、売上減少率・年間売上高に応じて上限額は異なります。

  詳細は下記の通りです。

 ●個人事業主
   売上の減少率50%以上→上限額50万円
   売上の減少率30%以上50%未満→上限額30万円

 ●法人の場合
  ①売上規模 年間1億円以下
   売上減少率50%以上→上限額100万円
   売上減少率30%以上50%未満→上限額60万円

  ②売上規模 年間1億円超~5億円以下
   売上減少率50%以上→上限額150万円
   売上減少率30%以上50%未満→上限額90万円 

  ③売上規模 年間5億円超
   売上減少率50%以上→上限額250万円
   売上減少率30%以上50%未満→上限額150万円   

※売上の規模は、基準月を含む事業年度の年間売上高をさします。A社は、差額700万円でておりますが、売上規模では上記②に該当し、減少率は33.3%となりますので、今回の給付額は90万円となります。いかがでしょうか。思ったより簡単なのではないでしょうか。。

申請は基本的にWEB申請となります。詳しい申請方法については、こちらをご覧ください♪
https://jigyou-fukkatsu.go.jp/

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる