お問い合わせはコチラ

会社設立、法人設立

戸沢暢美財団

稼げる社長のためのなでしこ通信

決算・確定申告・税理士顧問

融資・補助金

税理会計・業種別ポリシー

原会計事務所について

セミナー

>すべてのセミナー情報

メディア

>すべてのメディア情報

なでしこ通信

>バックナンバーリスト

その他

Feed

クラウド会計ソフトfreeeフリー

ciesf




モバイルサイト
原会計事務所モバイルサイト!



ホーム > なでしこ通信 > 改めて確定申告のe-taxって?~平成31年1月からセキュリティ強化されました~

改めて確定申告のe-taxって?~平成31年1月からセキュリティ強化されました~


 平成31年(2019年)1月から、個人の電子申告(e-tax)のセキュリティが強化されました。これまでは、利用者識別番号とパスワードで、送信結果の確認などを行っていましたが、個人のメッセージ閲覧時に、電子証明書(原則は、マイナンバーカード等)による認証機能が追加されました。法人は、これまで通りの運用です。
 
 
改めて、電子申告(e-Tax)とは、、、
 
インターネットを通し、国税に関する申告や納税、申請・届出などの手続ができるシステムです。電子申告を行うには、電子証明書やパソコン及びインターネットなどの環境が必要です。個人の確定申告や法人の決算など、皆様に同意書をいただくことで、弊事務所では、税理士証明書を使用して、代理送信を行っております。
 
 
以下、メリットと強化後の対応をご紹介いたします。
 
 
●個人の確定申告で、電子申告(e-tax)を使用するメリットについて
 
(1)添付書類の提出省略
 
  源泉徴収票等は、その記載内容を入力して送信することにより、提出又は提示を省略
 することができます。
(法定申告期限から5年間、税務署から書類の提出又は提示を求められることがあります。)
 
  なお、マイナンバーに関する本人確認書類についても、電子申告(e-Tax)で送信すれば
 提示又は写しの提出が不要です。
 
 
(2)還付がスピーディー
 
  電子申告(e-Tax)で提出された還付申告は3週間程度で処理しています。
 
 ※書類不備や別送書類の提出が遅れた場合には、上記期間内に還付できないことがあり
   ます。
 
(3)24時間受付
 
  税務署に行かなくても、ネットで提出(送信)できます。
 確定申告期間中は、24時間e-Taxでの提出(送信)が可能です。
 (平成31年1月4日(金)から3月15日(金)まで ※メンテナンス時間を除く)
 
 
 ※なお、平成31年3月18日(月)からは、月曜日から金曜日は24時間、
    毎月、最終土曜日、最終日曜日は、8時30分から24時までの利用が可能です。
 
 
 
●個人のメッセージ閲覧時の対応について
 
  税理士等に申告書の作成等を依頼し、税理士等が代理送信する場合においても、メッセ
 ージを閲覧するためには、原則として、マイナンバーカード等が必要です。
 しかし、個人納税者が「申告のお知らせ」を閲覧できない場合、予定納税額等を確認でき
 ないことになります。
 
 
   そこで、平成31年1月以降、電子申告(e-Tax)の新たな機能として、
   税理士との委任関係を登録することで、納税者本人のメッセージボックスに格納される
 「申告のお知らせ」を納税者が委任する税理士のメッセージボックスに転送設定すること
 ができる機能の提供が始まりました。
 
    お客様には、弊事務所より個別に転送設定についてご連絡いたします。
   これまで電子申告に同意をいただいた方も、改めてメッセージ転送に関しての同意書を
   いただく事になりましたので、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。
   ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せ下さいませ。

Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いします。

 『税理士相談119 - 原会計事務所』では、税務会計に関する最新のお役立ち情報を配信しています。ぜひ「いいね!」をクリックしてFacebookページにご参加ください。