お問い合わせはコチラ

会社設立、法人設立

戸沢暢美財団

稼げる社長のためのなでしこ通信

決算・確定申告・税理士顧問

融資・補助金

税理会計・業種別ポリシー

原会計事務所について

セミナー

>すべてのセミナー情報

メディア

>すべてのメディア情報

なでしこ通信

>バックナンバーリスト

その他

Feed

クラウド会計ソフトfreeeフリー

ciesf




モバイルサイト
原会計事務所モバイルサイト!



ホーム > なでしこ通信 > 「国税庁ホームページのゲームで学ぼう!侮れないキッズページでのeラーニング!」

「国税庁ホームページのゲームで学ぼう!侮れないキッズページでのeラーニング!」


突然ですが、読者のみなさま、国税庁のホームページでゲームできること知っていますか?
 
税金って聞くだけで嫌な気持ちになる方は、いらっしゃらないでしょうか?
 
増税と聞くだけで、怒りがこみあげてくる方は、いらっしゃらないでしょうか?
 
でもふと考えてみてください。何のための増税なのでしょうか?
 
そもそも税金って何でしょうか?
 
 
☆現在、国税庁のホームページの「税の情報・手続・用紙」のページに「キッズページ(税の学習コーナー)」があります。
 
キッズだと思ってバカにしてはいけません。
 
アニメや紙芝居・絵本だけでなく、税の作文や教育用教材などが、置いてあります。
 
☆さてキッズコーナーからクイズです!(正解はメールマガジン編集後期のあとで)
 
Q1.日本の所得税は、所得が多くなるに従って税負担率がより高くなる超過累進課税制度を採用していますが、現在の最高税率はいくらでしょうか。
 
Q2.税金は全部で何種類くらいあるのですか?
 
Q3.国の税金の使いみちで一番多いのは何ですか?
 
 
どうでしょうか?改めて聞かれるとちゃんと答えられないことも、あるのではないでしょうか?
 
2019.10月に予定されている消費税8%から10%への増税について、財務省ホームページから抜粋しますと、高齢者増加に伴う、社会保障の財源のためとあります。
 
現役世代への負担の集中避けるため、高齢者を含めて国民全体で広く負担する消費税が、増税にふさわしいと考えたそうです。
 
所得税や法人税の税収は不景気のときに減少していますが、消費税は税収が続いており、税収が経済動向に左右されにくく、安定した税と考えたそうです。
 
税金がなくなれば、支払いが減って嬉しい反面、当たり前のように受けている公共サービスが受けられなくなります。
 
ごみ収集も有料、こまった時のおまわりさんも有料になってしまいます。と言われています。
 
この機会に国税庁のホームページを有効活用しては、いかがでしょうか?
 
▼▼▼消費税増税関連については、過去のメールマガジンで別途ご案内しておりますので、合わせてご確認していただければと思います!▼▼▼
 
第167回 自動車や住宅の購入で消費税増税分が取り戻せる!?
https://hara-tax-accounting.com/nadesiko/_2019.html
 
第171回 8%なのか10%なのかきちんと明記していますか?
https://hara-tax-accounting.com/nadesiko/post_82.html
 
第179回 消費税増税・・・ではなく消費税の経理方式
https://hara-tax-accounting.com/nadesiko/post_88.html

Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いします。

 『税理士相談119 - 原会計事務所』では、税務会計に関する最新のお役立ち情報を配信しています。ぜひ「いいね!」をクリックしてFacebookページにご参加ください。