ヤンゴン・オフィスから~刻々と変わるミャンマーの外資規制

ミャンマーではライセンスを持った貸金業以外の金銭貸借については、
貸金業法により厳しく規制されています。
 
2014年の4月に一定の要件を満たしたグループ会社間の貸付や
親子会社間ローンについては、この貸金の規制の対象から外されました。
外資系企業もこの範囲に含まれます。
 
しかし、例え親子間等ローンであっても、MICライセンスの取得をした場合や、
一定の要件(金銭消費貸借の期間、利率、子会社の自己資本比率など)を
満たした場合でないと、ミャンマー中央銀行の許可証が発行されません。
親子間ローンの国外送金着金については、この中央銀行の許可証が必要です。
 
この他、ミャンマーではネガティブリスト等による外資規制(基幹産業など)の他に、
銀行の送金の規制や不動産の取得、賃貸に関する規制など、
外資系企業が事業を行う上で様々な困難があります。
 
また、法律上許可されている業種でも
運用で実際の許可が出にくいものなども多くあります。(建設、飲食業など)
ただし、この規制については、随時変わっていくと思われます。
 
直近では100年ぶりの会社法の改正、統一投資法の改正など、
外資を誘致する改正が予定されています。今後の動向から目が離せません!
 
私達、原&アカウンティング・パートナーズは、
お客様のミャンマー進出を、現地でサポートしてまいります。
進出のご相談などおありでしたら、どうぞお申し付け下さいませ。
 
日本国内で、現地で、ご相談をお受けいたします。
 
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる