セルフメディケーション税制って知っていますか?!

セルフメディケーション税制が今年から始まりました!
◆セルフメディケーション税制とは、、、
健康の維持増進及び疾病の予防への取組として「一定の取組」を行う個人が、
平成29年1月1日から平成33年12月31日までに、スイッチOTC医薬品を
購入した際に、その購入費用について所得控除を受けることができるものです。
(注)従来の医療費控除との併用はできません。
 
◆セルフメディケーション税制の適用を受けるための要件
(1)健康の保持増進及び疾病の予防への取組として
「一定の取組」を行っている方が対象となります。
 
具体的には、
1.保険者(健康保険組合、市町村国保等)が実施する健康診査
【人間ドッグ、各種健(検)診等】
2.市町村が健康増進事業として行う健康診査
【生活保護受給者等を対象とする健康診査】
3.予防接種
【定期接種、インフルエンザワクチンの予防接種】
4.勤務先で実施する定期健康診断【事業主検診】
5.特定健康診査(いわゆるメタボ検診)、特定保健指導
6.市町村が健康増進事業として実施するがん検診
(注)1~6以外で、任意(全額自己負担)で受けた健康診断は該当しません。
 
(2)スイッチOTC医薬品とは…
要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品をいいます。
医師によって処方される医薬品だけでなく、ドラッグストアで購入できる
スイッチOTC医薬品も含まれます。
対象とされるスイッチOTC医薬品の具体的な品目一覧は、
厚生労働省ホームページにて掲載され、現在も更新中です。
普段購入されている医薬品が該当しているか、チェックしてみてはいかがでしょうか。
 
◆セルフメディケーション税制を受けるための手続き
次の書類を確定申告書に添付します。
(1)対象医薬品の領収書
(2)一定の取組を行ったことを明らかにする書類
今年、平成29年から新しく導入された制度で、
確定申告は来年(平成30年)が初回提出となります。
 
国のホームページにてQ&Aも随時更新されているようですので、
控除を受けようとお考えの方はこまめに情報をチェックする必要がありそうです。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる