お問い合わせはコチラ

会社設立、法人設立

戸沢暢美財団

稼げる社長のためのなでしこ通信

決算・確定申告・税理士顧問

融資・補助金

税理会計・業種別ポリシー

原会計事務所について

セミナー

>すべてのセミナー情報

メディア

>すべてのメディア情報

なでしこ通信

>バックナンバーリスト

その他

Feed

クラウド会計ソフトfreeeフリー

ciesf




モバイルサイト
原会計事務所モバイルサイト!



ホーム > なでしこ通信 > 大切な子や孫へ ~祖父母より子育て世代への嬉しいプレゼント!教育資金の一括贈与について~

大切な子や孫へ ~祖父母より子育て世代への嬉しいプレゼント!教育資金の一括贈与について~


今回は子や孫への教育資金の一括贈与についてのお話です。
 
子や孫への教育資金の一括贈与を非課税にする措置は2019年3月末までの時限措置として
 
すでに存在しておりましたが、文部科学省はこの措置を恒久化するよう財務省に求める
 
として、2019年度の税制改正要望に盛り込む方針だそうです。
 
制度の詳細や、適用を受けるための要件は下記国税庁のホームページにゆずりますが、
 
子や孫へ教育資金を贈与する場合、1500万円まで非課税で一括贈与できるので、
 
早めに相続財産を減らしておきたい場合には検討の価値ありです。
 
とは言え急いで贈与しても、相続開始前3年以内に被相続人から受けた贈与財産は生前
 
贈与加算として相続財産に加算されるのでは?とのご指摘がありそうですが、
 
この教育資金の一括贈与については相続財産に加算されません。
 
また、毎年110万円の贈与、いわゆる贈与税の基礎控除110万円の暦年贈与
 
(その年分の贈与税の課税価格から110万円まで控除できる制度です)
 
をしているから、教育資金の一括贈与をすると、暦年贈与はできなくなるのでは?
 
とご心配の方も大丈夫です。
 
教育資金の一括贈与と暦年贈与は併用できますので、一括贈与をしながら、
 
この贈与とは別に110万円も非課税で贈与できます。
 
気を付けるのは、子や孫が30歳に達したときで、教育資金として使い切れなかった財産が
 
あった場合です。使い切れなかった財産があった場合には、その残った分について
 
贈与税が課税されます。
 
ですので、贈与する際には、いくら贈与するのかしっかり検討しておく必要が
 
ありますが、2015年4月から、通学定期代、留学のための渡航費などの交通費についても
 
この制度が適用されるようになり、適用範囲が広がっていますので、
 
上手に利用すれば、贈与する人、される人、みんなにハッピーな制度では
 
ないでしょうか。
 
詳しくは、国税庁の下記HPをご参照ください。
https://www.nta.go.jp/publication/pamph/sozoku-zoyo/201304/pdf/01-01.pdf

Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いします。

 『税理士相談119 - 原会計事務所』では、税務会計に関する最新のお役立ち情報を配信しています。ぜひ「いいね!」をクリックしてFacebookページにご参加ください。