お問い合わせはコチラ

会社設立、法人設立

戸沢暢美財団

稼げる社長のためのなでしこ通信

決算・確定申告・税理士顧問

融資・補助金

税理会計・業種別ポリシー

原会計事務所について

セミナー

>すべてのセミナー情報

メディア

>すべてのメディア情報

なでしこ通信

>バックナンバーリスト

その他

Feed

クラウド会計ソフトfreeeフリー

ciesf




モバイルサイト
原会計事務所モバイルサイト!



ホーム > なでしこ通信 > M&A聞いたことある!~実際には、M&Aとはどういうことをするの?双方にとっての、メリットデメリット~

M&A聞いたことある!~実際には、M&Aとはどういうことをするの?双方にとっての、メリットデメリット~


M&Aとは、一般的には合併や買収を指しています。
М&Aは、買主サイドから見ると、規模の拡大のため、シェアの拡大のため、
事業の多角化のため、弱い部門の強化のため、新規事業や市場への参入のためなど
様々な理由で、行われることが多い。
売主サイドから見ると、後継者問題の解決のため、先行き不安の解決のため、
将来ビジョンを開拓するためなど多くの事情があります。
 
ですが、M&Aを行うことでメリットとデメリットがあります。
 
買主サイド
メリット
 
① 規模の拡大・シェアの拡大というメリット
M&Aにより売主会社の自分の力を使うことなく、売り上げや取引先など、買主会社は規模の拡大を行うことができます。
 
② 事業の多角化・色々な業種への進出というメリット
M&Aにより、今まで参入できていなかった業種や地域に参入することができたり、会社を大きくしていく上では非常に多くのメリットがあります。
 
③ 弱い部門の強化というメリット
M&Aにより、対象会社の保有する優れた技術・ノウハウや優れた取引先などを取り込むことで、既存事業を強化することができ、M&Aは事業強化のためにも非常に多くのメリットがあります。
既存事業の弱い部分を、他業種を取り込むことにより会社として、強化できるというメリットが
あります。
 
④事業成長に必要な時間を買う というメリット
M&Aは新規事業を一から立ち上げるのに比べて、一気に事業拡大に持っていけ時間を買う
という側面があり、これが大きなメリットとなっていると思います。。
また、新規事業を立ち上げるには莫大な時間とコストがかかりますが、M&Aをすれば短期間で
これらを取得することが出来、速やかな事業展開を実現することができると思います。
 
買主サイド
デメリット
 
① M&A前には一定の相乗効果を期待して高値で買収したのに、想定通りの相乗効果が発揮されない
   というデメリットが発生する可能性もあります。
 
② 買収した会社から経営陣を送り込むことになると思いますが、経営陣ともともとの従業員との間で軋轢が生じ、会社が機能低下を起こすというデメリットが発生する可能性もあります。
 
③ もともとは別の会社が一緒になるので、それぞれの会社の企業組織や企業文化も大きく異なったりするので、それを整合していくこと自体困難が伴うというデメリットが発生する可能性もあります。
 
④ M&Aの後、重要な人材が退職したり、事前調査で判明していなかった問題が発覚するという
 デメリットが発生する可能性もあります。
 
⑤ M&Aに巨額の資金を投下したにも係わらず、想定以下の利益しか出なかったり、従業員の
 モチベーションが下がり利益が低下するというデメリットが発生する可能性もあります。
 
 
売主サイド
メリット
 
① 後継者問題の解決のためというメリット
  近年、少子化により後継者問題が深刻化しています。
  高齢だが未だ後継者がいないかったり、社長を引き継ぐような人材が育っていないなど、
  M&Aにより優良企業に会社を任せることにより、後継者問題を根本的に解決できます。
 
 
② 従業員の雇用を守るためというメリット
  会社を清算すると働いてくれていた、従業員の雇用はどうなるのでしょうか。
    経営者には従業員の雇用を守らなければいけないという事もあります。
    優良企業に会社を任せることにより優良企業の下で従業員の雇用を守ることもできます。
    また、給与・賞与・福利厚生などの処遇が改善することもあるでしょう。
    新たな経営者の下でキャリアのステップアップになることもあるでしょう。
 
 
③ 廃業の際のコストを削減できるというメリット
 会社をたたむ際には、様々なコストがかかります。会社設備の処分費は、賃貸物件の場合は、
 原状回復費用、社員を抱えている場合は、従業員に対する手当など。M&Aをすることによって、こういった、経費をかけなくて済むというメリット。 
 
④ 経営が不振な事業からの撤退のためというメリット
    不採算部門等を売却することで、経営者はコア事業に集中でき、本業の回復に経営資源を集中することができます。
 
売主サイド
デメリット
 
① 買主によって従業員の雇用や労働条件が変更されることになるというデメリットが発生する可能性もあります。
 
② 従業員にとって、突然面識のない人が新社長に就任するというデメリットが発生する可能性もあります。
 
③ 異なる企業文化の融合に相応の時間がかかるというデメリットが発生する可能性もあります。
 
すなわち、具体的会社について、M&Aをすべきかどうか、M&Aをするとどのようなメリットがおこるのか、どのようなデメリットがおこるのかについて、これらの諸般の事情を考慮して、検討することが重要なのかもしれません。
 

Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いします。

 『税理士相談119 - 原会計事務所』では、税務会計に関する最新のお役立ち情報を配信しています。ぜひ「いいね!」をクリックしてFacebookページにご参加ください。